女教師由紀子第1章

1.

その高校にはあまりにも若く美しい女教師がいた。

松嶋由紀子、24歳。スラリとした長身で、スレンダーなわりにEカップはたっぷりある大きな胸。見事な黒髪のロングヘヤーと透き通るような白い肌を持っていた。潤んだ瞳と清楚な美しい顔はまるでモデルか女優のようである。授業になると、成熟した大人の色香を振り撒きながら男子生徒の前を細く長い足と形の良い尻で歩くのだからたまったものではない。まさしく全校生徒の憧れの的である。

もし、由紀子先生とヤれたら死んでもいい!と本気で考える生徒がいた。

加藤と石田である。しかし、相手は教師まともに相手されるワケがない。あの清楚な顔はいかにも身持が堅そうな高嶺の花としか言いようが無い。と、同時にその美しい顔の下には見事なプロポーションの女体がある事は白いのブラウスと水色のさわやかなタイトスカートごしにでもハッキリわかる。あの体を思う存分嬲ってみたい!ありったけの性欲をぶつけてやる!その方法とは…力ずくでしかない!それしか思い付かなかった!

高貴で清楚な高嶺の花である美貌の女教師を無理矢理に犯すのだ!

 

由紀子は歴史の担当だったが、放課後になると趣味のピアノを弾くために誰もいない音楽室にやって来る。仕事でたまったストレスを発散するためらしい。その情報を得て加藤と石田はあらかじめ音楽室に隠れその時を待った。

すうっ、と扉が開き美しき獲物の女教師が入ってきた!それだけで薄暗い部屋がパっと明るくなった気がする。女教師由紀子の美貌に二人の心臓は高鳴り肉棒ははちきれんばかりだ!計画も何も無い。ただ、もうあの豊満な肉体に対して襲いかかりむしゃぶりつくだけ!そう思っただけで射精してしまいそうになる!よーし行くぞ…今、今しかない!

 

 

その時、由紀子はなにか異様な雰囲気と物音に気付き、ふと立ち止まった。

「誰?誰か居るの?」

 

   
   

inserted by FC2 system